EUを抜けたのは正解か?DAXの株価指数が示すその答え

イギリスのEU離脱により、大きく影響を受けたのはEUに残っている他の国々です。
これは株価にも表れていて、イギリスのEU離脱によって先行きが不透明、ということになり、欧州各国の株式投資が大きく下落してしまいました。

確かに、先が見えないような経済状況であれば、そこに投資をしようと考える人はあまり多くありません。
自分が大きな打撃を受けるかもしれないようなリスクの高い取引は、誰もが避けて通るからです。

EUに残っている国々の株価指数にはいろいろなものがありますが、中でも打撃を受けているのがDAXのようです。
DAX指数は、日本語に直せばドイツ株式指数となります。
ドイツ企業の優良30銘柄を対象とした、浮遊株調整時価総額過重型の株価指数です。
DAX指数の構成銘柄には、あの有名なアディダスやフォルクスワーゲンなどが含まれています。
ドイツ自体は世界第4位と言われる経済大国で、ヨーロッパではかなり注目度の高い株価指数となっていました。
しかし、欧州連合はイギリスあってのもの、という感じだったのでしょう。
同じような扱いをされるこちらのダメージが大きくなりました。
そして回復力はあまり強くないため、なかなか元の水準に戻せず、苦戦しているようです。

しかしながら、EUを離脱したイギリスの株価指数は全般的に下がってもいません。
EU離脱は正しいのだ、と判断している人が多いということになるのでしょうか。
実際、イギリスとしてはすべてを自分のところで決定づけることができるようになるこの判断は正解で、しかもイギリスの経済にとっては非常に有利な決定となった、というのです。

そのため、イギリスの株価指数は一瞬差下がっただけで持ち直していますが、DAXは下がったままとなっています。
今後もEU残留、離脱が正解であったかどうかは株式に現れるようです。
今後ドイツが欧州連合のメインとして頑張っていくのか、はたまた離脱したイギリスが抜きんでて来るのか、先行きが非常に楽しみな状態となっています。

Make a comment

CFDを使った海外インデックス、株価で稼ぐ!

テロが起こったり、EUがうんたらかんたらなったりしてどうも世界中落ち着きません。
当然ながら、経済も全くと言っていいほど安定を見ません。
そんな時こそ、しっかりとお金を増やしておきたいところですが、これでは何に投資をしたらいいのか測りかねてしまいます。

相場の移り変わりが激しい今、もし投資をするのであれば、一体何が一番いいのでしょうか。
そこで注目したいのが、日本ではなく海外です。
CFDを使った海外インデックスが今、注目を集めているようです。
CFDは日本のものだけではなく、世界中の株や金などを売買することができます。
株価などの動向を見ながら、その時々で一番稼げそうな市場に注目し、そこに勝負をかけると、なかなかに大きな金額を稼ぐことも可能になるようです。

CFD(Contract for Difference)はよく聞く言葉になっていますが、実はまだ比較的新しい部類に入る投資のやり方です。
レバレッジをかけたりできるのは、FXとよく似ています。
唯一違うと言えば、FXは通貨、そしてCFDは株価指数や日本の株、そして海外の株まで多岐にわたるものを売買することができる点でしょう。
幅が広いため、当然市場も広く、儲けられる可能性も高くなります。

特に商品の幅が広いということは、値動きが激しいものが出て来る確率も高いのです。
実際株価指数や株は、FXで取り扱う通貨に比べると大きく値が動きます。
レバレッジをうまく利用すれば、思った以上に大きな利益を出すこともできるのです。

インターネットが普及し、メディアが発達し、海外の情報もリアルタイムで入ってくるようになりました。
この状態であれば、確かに日本国内で儲けることにこだわらなくてもいいのかもしれません。
これを機に、海外に目を向けてみるのもよいでしょう。
EUからイギリスが抜けた今、ヨーロッパ経済が今後どうなるのかもかなり注目です。
大きな値動きがあるかもしれません・・・。

Make a comment

くりっく株365の概要について。

「くりっく株365」にご興味があるという方にお伝えしたい、基礎知識をご紹介します。
まずはこのコラムをしっかりと読んで内容を理解してみてください。

まず、くりっく株365とは、取引所株価指数証拠金取引と言われています。
長々とややこしいのですが、もともとは投資対象は外国為替、つまり世界中の通貨でした。
今でいうFXですね。
日本円をアメリカドルやオーストラリアドル、ユーロ、ポンドといった通貨に交換する取引ですね。

現在は投資対象に国内外の株価指数を新たに上場し、株価指数証拠金取引となりました。
売買する現物の受払いではなく、決済後に差額だけを受払いするという差金決済取引(CFD)であることが特徴です。
また、FX取引に似たシステムで、世界の株式市場に投資できることも魅力のひとつ。

くりっく株365は
・日経平均株価
・DAX(ドイツ)
・FTSE(イギリス)
の3つの世界的に主要な株価指数が取引対象で、取引時間はほぼ24時間となっています。
日中は働いているという方でも夜間に取引ができるということもあり、投資家に非常に人気の金融商品です。

さらに、保有する建玉を自発的に決済しなければ自動的に翌取引日に繰越されますので、取引期限を気にすることなく取引ができると移転もポイント。
そして、レバレッジ効果により投資資金よりはるかに多い金額の運用も可能です。

Make a comment

海外で資産運用をすると得をする?損をする?

日本国内に住んでいるほぼ全ての人が、どこかしらの銀行に口座を持っていることと思います。
それが給与振込のための口座であったり、定期預金だったり。
目的や口座の種類は様々だと思います。

しかし、日本の銀行は世界的にみても、年利が安いのが特徴とも言えます。
金額によっても変わりますが、定期預金でも0.02%ならば上出来。
もっと高いところもたくさんありますが、中にはもっと低い年利のところもありますよね。
これでは500万円預けたとしても、1000円程度。
箪笥預金の方がいいかも?と思ってしまう人もいるでしょう。

そこで注目されているのが、海外ファンド。
日本からでも代理店を通じて利用できるところが増えてきています。
人気の理由は、海外ファンドの紹介文や宣伝文の内容でしょう。
海外では年利10%以上が当たり前。しかも元金保証!
これが本当ならば今すぐにでも利用したい!と思いますよね。
株や不動産などの難しい資産運用よりも、自分でも簡単にできると思う方も多いでしょう。

確かにこの条件の海外ファンドも存在はします。
しかし、中には代理店へ手数料ばかりを支払ってばかりで、全くプラスにならないというところもあります。
また、好条件の海外ファンドでも、預け入れが数十万ドル単位など、始めにくい条件であるところもあります。

失敗しないためには、実際に海外ファンドを利用している人に、よい代理店を紹介をしてもらう方法が安心でしょう。
身近にいない場合は、ネットなどで情報収集をしっかりとして、おすすめのところで始めてみましょう。

Make a comment

インデックス投資のリスクとは?

インターネットのとあるサイトを見ていると、「インデックス投資はリスクが全くありません」という文面を目にしました。
確かに企業の倒産であったり特定の業種の浮き沈みなどの「個別リスク」に関してはほとんど影響を受けないので除外することができるでしょう。
ですが、インデックス投資は日本の経済指標である日経平均株価が対象となる投資ですので、市場そのものの上下による「市場リスク」の影響は非常に大きく受けます。

2008年に起こったリーマンショックを覚えていますか?
あの時、日経平均株価は6割以上の下落という大打撃を受けました。
インデックス投資は損失を出しにくいとされている分散投資(日本株式、日本債券、海外株式、海外債券の4つに投資を分散して購入すること)ができる金融商品ですが、それでも損失を被った方は非常に多かったそうです。

また、インデックス投資の場合は「繰上償還リスク」というシステムもあります。
これは、商品の規模を表す”純資産総額”が縮小した場合運用が途中で打ち切られてしまうというもの。
そのため、
・投資で重要とされている長期投資ができなくなる
・その時の基準価額で強制的に清算が行われてしまう
というのですから、慎重にならざるを得ません。
運用が途中で終わるということも替わりとなる新しい商品をもう一度探さなければならないという手間も。

このように、インデックス投資にもリスクはあるので覚えておきましょう。

Make a comment

日経225先物取引の手数料。

日経平均株価指数を売買する取引に、「日経225先物取引」というものがあります。
225というのは日経平均株価のことで、日本を代表する企業の銘柄が225種類あるということです。
また、先物なのである決められた日に購入する(予約をしておく)という手法ですね。
日経平均株価が将来上がると予想すれば購入し、下がると思えば売却すればよいというシンプルなものなので、初心者に方にも人気なんだとか。
テレビのニュースなどで日経平均株価は毎日のように報道されていますので、身近なものというイメージもありますよね。

元手となるお金以外にも日経225先物取引をするためには手数料がかかります。
それは証券会社に支払うものとなり、業者によってその料金は異なるということは多くの方がご存知のことでしょう。

そもそも日経225先物取引を取り扱っている証券会社もそれほど多くなく、
・安藤証券 240円
・ライブスター証券 250円
・GMOクリック証券 260円
・楽天証券 278円
・カブドットコム証券 300円
・岡三オンライン証券 300円
・フジトミ 300円
・松井証券 300円
・マネックス証券 330円
・SBI証券 400円
となっています。
それぞれの証券会社ごとにかかる手数料も記載しているので参考にしてみてください。

以上を見ていただいてもお分かりの通り、わりと手数料の幅広いことが分かりますね。
ただし、手数料の安さだけで選ぶのではなく、サービス内容や利用したい注文機能があるかどうかなどを総合的に比較して判断する必要があると思いました。
ちなみに、上記の業者はいずれも
・資料請求
・口座開設費
・維持費
に関しては無料であり、日経225先物取引の夜間取引(ナイトセッション)に対応しているということです。

Make a comment

株初心者におすすめのサイト。

投資の金融商品は非常に種類が多くて、はじめて投資をしようと考える方はどれにしようか悩むことと思います。
ですが、やはり一番メジャーな投資と言えば、”株”。
はじめて株式投資をしてみたいと考えている方におすすめのサイトをご紹介しましょう。

それは、『株初心者.net』で、株の初心者向けサイトとなっています。
こちらのサイトは、5年前に株式投資を始めたという方が管理人で、株に関するさまざまな知識が掲載されていることが特徴です。
特に株のサイトとしては珍しい「株はどうやって始まったか」「株の歴史」というコラムは読んで損はない雑学となっていますよ。

もちろん、肝心の株式投資に関する知識も幅広く紹介してくれているのでコンテンツをご紹介しましょう。
・株式投資の3つのメリット&最大の魅力
・株の始め方と基本ルール
・知っておきたい株の知識
どのコラムも初心者向けのものばかりですから、まさに一から勉強したいと考えている方にピッタリ!
一度読んだだけでは理解することが難しいかもしれませんが、何度も読み返せばしっかりと意味が理解でき、さらに分析できるスキルも身につくようになるので安心してくださいね。

株の基礎知識を蓄えたいという方にはまさにもってこいのサイトではないでしょうか。

Make a comment